FC2ブログ
DATE: CATEGORY:お気に入り
今年は6月早々、関東も梅雨入りしましたが、この時期、濃緑の葉っぱにオレンジのビワの実がたわわに実っているのをよく見かけます。

自然療法の東城百合子先生によると、
http://www.binchoutan.com/toujou.html

ビワの葉には、アミグダリンが多量に含まれ、ガンにも効くそうです。
また、生葉を張ると、火傷や内臓の痛みを取り、神経痛、慢性病などにもいいとおっしゃいます。

そのほか、お茶として飲んだり、焼酎につけてビワ葉エキスにすると保存もきくので、いつでも使えて便利です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~biwa-ha/index.html

また、ビワの実を食べた後は、種を捨てないで、ぜひ取っておきましょう。
種はビワ葉以上にアミグダリンを多く含んでいて薬効もあるそうなので、焼酎に漬けてビワ種酒を作ります。

作り方は、ビワの生種;300gに対して、焼酎(ホワイトリカー35度)0.7リットルの割合で、種を半分に切りビンに入れ、焼酎に漬けるだけです。

1ヶ月位で茶色のエキスが出てきますが、1年以上寝かせてから飲んだ方がいいでしょう。おちょこ半杯を水で薄めて飲みます。そのまま傷などの外用薬にも使えます。

ビワはとても強い木で、食べた実の種を埋めておくだけで、芽が出てきますので、庭に1本植えておくと便利です。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記
しばらくご無沙汰していて、すみませんでした。にっこり
久しぶりに来てみたら、なんとカウンターが、2100を超えているではありませんか!びっくり!!

ごひいきにしてくださっている皆様、ありがとうございます。
そして、留守ばかりしていて、申し訳ありませんでした。

さて、いつもこの時期になると、ラッキョウを漬けます。この週末は、3キロのラッキョウを漬けました。

自分で漬けたラッキョウは、歯ごたえがあって、変に甘くなくて、格別です。

それに、ラッキョウには血液サラサラ効果や、がん予防効果などがあるといわれており、
花粉症などの抗アレルギー効果もある
という、ありがたい食べ物です。

ちょっと面倒だけど、それだけの価値はあると思いますので、皆さんも手作りされてはいかがでしょうか。

去年は、息子のお嫁さんのお母さんからも、ラッキョウ漬けをたくさんいただきました。

彼女は、家庭菜園が趣味で、野菜の他に、たくあん漬けや自家製のゴマ等もいただきますが、ラッキョウをもらったのは、初めてでした。

持つべきものは、家庭菜園をしている友!ですね。

小さくてやわらかく、しかも歯ごたえがあり、その上、自家製の鷹の爪がたっぷり入って辛口の、他では味わえないおいしいラッキョウでした。

土のついた取入れから、こんなに小さなラッキョウを漬けるのは大変な手間だったでしょう。
そんなありがた~いものをいただけて、感謝、感謝でした!

「今年も来るかな?でも、ラッキョウは2年ものだそうだから、今年はないのかな?」 なんて、ちょっと期待しながら、私もラッキョウの皮をむきました。

これからの季節、梅を漬けたり、ドクダミの葉でお茶を作ったり、しばらく忙しくなりそうです。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記
去年参加したツアーの添乗員さんに「一押しホテル!」と聞き、一度泊まってみたかったホテル、
美ヶ原の「王ケ頭ホテル」に行ってきました。
松本からホテルの無料送迎バスが出ていて電車でも行けるというので、友人と二人で出かけました。

美ヶ原


前夜来の雨が止み、松本に近づくに連れお天気も回復してきたのが何よりのプレゼント。
バスは運転手さんの親切なガイド付きで、1時間半の道のりをグイグイと2000mの山頂まで登っていきます。

標高が上がり、周りの山々が見渡せるようになると、
運転手さんが 「見えるときに見ておいてください!」 と、
見晴らしのいい所でバスを止めてくれました。

八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、北アルプスが雲海の上に浮かびあがり、まるで幻を見ているような美しさ!運転手さんが峰峯を指差し、名前を順に教えてくれます。

槍も穂高も、乗鞍も、御嶽山も全部見える。太陽


あ~!し・あ・わ・せ!!

こんなによく見えるのは、久しぶりだそうです
ホテルは、美ヶ原高原の主峰王ヶ頭(2034m)のてっぺんあり、360度のパノラマが楽しめます。
浅間山も、妙高も・・・!
目を凝らせば富士山も見えた!

これが何よりのご馳走なのですが、ホテルの食事もとてもおいしかったし、何より、サービスが行き届いていてうれしいのです。

夕食時には、ちょうど北アルプスに日が沈むきれいな夕日が見えるからと、わざわざレストランの反対側に連れて行って見せてくれました。

夜は星空鑑賞会にスライド映写会、
翌日はチェックアウトした後、まだ雪の深い「美の塔」までマイクロバスでドライブとイベントも満載です。

また、ぜひ違う季節に行きたいです。
従業員の皆さん、本当にありがとうございましたオンプO1


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ヨガ
夜型人間の私が、めずらしく早朝に目覚めた。
窓を開けると、さわやかな風。
今は、花が咲き 新緑が芽生える、一年でも一番生命力のある季節なのだと感じる。

思わず、庭に出て伸びをしたくなった。
手を伸ばして見上げると、白いライラックの花の盛りだ。

「大地と雨」で、大きく呼吸をすると、庭の木々たちと一体になったようで、体の広がりを感じる。

それで「立ち木のポーズ」をしたくなった。

地面のデコボコが、サンダルを通して足に伝わってくる。
「片足で立つには不安定かな?」と一瞬思ったが、
足を大地に張る意識。
そして、両手を天に向けて伸ばす。

力強く伸ばした手が、胸を張り広げ上半身を支えてくれる。
そして仕上げはやっぱり腰。
坐骨を引き締め気合を入れると、足はもっと力強く大地に張り、腕はどんどん上に伸びて、体を軽くしてくれる。

体は、それぞれの器官に任せ 預ければ、それに応えてくれる、ありがたい存在なのだ。

朝の気をいっぱいに浴びて、なんと気持ちのいいことだ!
胸が張り広がり、おなかが締まって引きあがってくるのがわかる。

朝方人間の夫は、いつもこれを満喫しているのだなと思う。

季節のいいこの時期、ちょっと早起きして、あなたも戸外でヨガをやっていみてはいかがですか?


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お気に入り
今年は桜が長持ちしてくれたので、何度もお花見を楽しめました。

まだ寒さが続いていた3月中旬、お天気がよかったので、もうそろそろ咲き出したかな?と急に思い立って、夫と北小金にある東漸(とうぜん)寺の枝垂桜を見に行きました。

このお寺の境内には樹齢300年を超えるという立派な枝垂桜があり、普通の桜より開花が少し早いのです。

急だったけれど、せっかくのお花見だから、この日は途中のだんごやさんで「おいなりさん」を買いました。

我が家ではお花見に限らず、遠足のお弁当にはおいなりさんを作ることが多いです。
酢飯だから、いたみにくくて安心だし、おかずがなくても食べられる・・・

以前は、油揚げを炊くところから作っていましたが、今はとても手抜き!
市販の「いなりあげ」と、ご飯に「チラシずしの具」を混ぜたものをつめるだけ。
ただ、具の他に、いりゴマをたっぷり入れるのが私流かな?

「いなりあげ」は、生協のがお気に入りなので、セールの時にまとめ買いしておきます。

いろんな物を使ったけれど、味があまり濃くなくて、値段も大きさも適当、お昼にうどん、そばを作るときの具にも便利です。

今日はお花見ではないけれど、夫が友人たちとの「一品持ち寄りの会」に行くというので、朝から作って持っていきました。

昨日の夜急に言われましたが、これなら、ご飯さえ炊けば、すぐにできますものね!



| BLOG TOP |

copyright © はぴはぴ-yoga all rights reserved.Powered by FC2ブログ