FC2ブログ
DATE: CATEGORY:お気に入り
去年の牛肉偽装問題に続き、中国産冷凍ギョーザで名を落とした生協に、ずーっと入っています。
安全、安心をうたった生協なのに、とても残念な事件でしたが、やっぱり便利で、いい商品もたくさんあります。

そんな中で、私のお気に入りのひとつが、時々取り扱いのある「嬉野温泉の温泉水を使った湯豆腐」です。

紙箱に、仰々しく豆腐が一丁と温泉水が入っていて、この水で豆腐を煮ると、お豆腐がトロトロに溶けて、とてもおいしいのです。

お豆腐が溶けるのは温泉水のせいだということはわかるのですが、ちょっと不思議な食感で、なんともいえずおいしいのです。

ところが、NHKの「ためしてガッテン」で、か~んたんにこの温泉湯豆腐ができる、作り方をやっていたのです!

http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2008q1/20080220.html

温泉水じゃないと作れない!とばかり思っていた「温泉湯豆腐」が本当に簡単に作れました!

お豆腐が溶けるのは、この温泉がお肌にいい重曹泉だからだそうで、だから、湯豆腐に使う水に、重曹を入れればよいのです。重曹って、ほんとにえらい!

我が家では、小さな土鍋に昆布を敷いて、豆腐1丁、水はひたひた(500cc~1000cc)ねぎを半本ほど入れ、これに重曹小匙1杯入れて、煮てみました。

豆腐はもちろん生協の、国産有機大豆の木綿豆腐。
(信じているんだからね!) ちょっと硬めの豆腐です。

たれは、ゴマ味噌ダレ。

硬い豆腐もトロッと溶けて温かく、簡単で安上がり!
大満足のできでした。

来年は、冬の初めから、この温泉豆腐が活躍しそうです。


スポンサーサイト



コメント

パソコン・コンピュータ

パソコン・コンピュータを探すなら http://www.mladickrealty.com/100026/100027/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © はぴはぴ-yoga all rights reserved.Powered by FC2ブログ