FC2ブログ
DATE: CATEGORY:未分類
夫の実家には、亡くなった義姉のダウン症の娘がいます。

体が小さいので、つい子供扱いをしてしまいますが、もう40を過ぎています。

夫の実家をこれからどうするかという時に、一番の問題は、この娘のことでした。

既に両親もなく、身寄りのない娘のことを、民生委員の方や、福祉関係の先生方が心配してくださったのですが、今は施設も満員とのことで、とりあえず私たちが親代わりとなり、引き取ることになりました。

突然、ダウン症の娘ができたのです!

でも、案外自然にそのことを受け入れることができました。

正観さんの本を読んでいて、下地ができていたのでしょうか・・・

とうとう私にも頼まれごとが来たか!って感じですね。

義兄からの頼まれごととは、実家の行く末とこの娘のことだと、ひしひしと感じましたから、私たち夫婦で、これを引き受けようと思いました。

お盆の行事を終え、家に少々手入れをして8月はあっという間に終わりました。

当分は、自宅と実家を行ったり来たりすることになります。
車でも電車でも片道2時間はかかるので、ちょっと大変ですが、セカンドハウスができたつもりで、楽しんでいきたいと思っています。


スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記
ずいぶん長いご無沙汰をしてしまいました。

6月下旬に、夫の年の離れた長兄が亡くなり、それ以来、私の運命は激変しました。

夫の兄は、父が早く亡くなったため、兄弟の親代わりとなり生涯独身でした。

夫も、とても親想い、兄弟想いの優しい人ですが、でも気楽な次男坊で、私たちは実家とは完全に独立していると思っていました。

ところが、いざ兄が亡くなってみると、この家を継ぐのは夫しかなかったのです。

継ぐほどの家でもないと、たかをくくっていたのですが・・・

義兄が生きていた頃も、お盆と正月、お彼岸、それに義母の命日のなど、高齢の義兄のお見舞い方々実家に行ってはいましたが、後の事を託されたことなど一度もなく、ただ訪れていただけでした。

それが結果として、この家を継いで行く事になってしまった!

まさに、青天の霹靂!

ず~っと自宅を留守にし、田舎のこの家に来て、まもなく3ヶ月になります。

その間、自宅に何回か戻りましたが、本当にあわただしくて、パソコンに向かう気力も起きないほどでした。

9月に入り、やっと少し落ち着いてきましたので、ブログを再開させていただきます。

大きな変化もなく、平凡な人生だと思っていました。

還暦を過ぎ、このまま静かに余生を送っていくものだと思っていましたが、こんな事が用意されていたのかと、まるで人事のようにさえ思え、大変さも一服すると、面白くなってきました。

| BLOG TOP |

copyright © はぴはぴ-yoga all rights reserved.Powered by FC2ブログ