FC2ブログ
DATE: CATEGORY:ヨガ
夜型人間の私が、めずらしく早朝に目覚めた。
窓を開けると、さわやかな風。
今は、花が咲き 新緑が芽生える、一年でも一番生命力のある季節なのだと感じる。

思わず、庭に出て伸びをしたくなった。
手を伸ばして見上げると、白いライラックの花の盛りだ。

「大地と雨」で、大きく呼吸をすると、庭の木々たちと一体になったようで、体の広がりを感じる。

それで「立ち木のポーズ」をしたくなった。

地面のデコボコが、サンダルを通して足に伝わってくる。
「片足で立つには不安定かな?」と一瞬思ったが、
足を大地に張る意識。
そして、両手を天に向けて伸ばす。

力強く伸ばした手が、胸を張り広げ上半身を支えてくれる。
そして仕上げはやっぱり腰。
坐骨を引き締め気合を入れると、足はもっと力強く大地に張り、腕はどんどん上に伸びて、体を軽くしてくれる。

体は、それぞれの器官に任せ 預ければ、それに応えてくれる、ありがたい存在なのだ。

朝の気をいっぱいに浴びて、なんと気持ちのいいことだ!
胸が張り広がり、おなかが締まって引きあがってくるのがわかる。

朝方人間の夫は、いつもこれを満喫しているのだなと思う。

季節のいいこの時期、ちょっと早起きして、あなたも戸外でヨガをやっていみてはいかがですか?


スポンサーサイト



| BLOG TOP |

copyright © はぴはぴ-yoga all rights reserved.Powered by FC2ブログ