FC2ブログ
DATE: CATEGORY:お気に入り
八百屋に赤シソがあったので、買ってきてしそジュースを作りました。
作り方は、とっても簡単!

シソの袋に作り方が書いてあったので、その分量でやってみました。
でも、そのとおり作ったわけではありませんので、
(ちゃんと計ってないのです・・・)
ご自分の好みで作ってくださいね。

シソの袋に書いてあったジュースの材料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
赤シソ : 1袋(300g位)
水 ; 2リットル
クエン酸 ; 20g または酢2カップ
砂糖 ; 500~800g
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の使ったシソは、太い茎や根を取って葉だけの袋入りだったので、洗っているうちに、洗い桶いっぱいになるほど、カサが増えました。

1、シソの葉をよく洗う。
2、ステンレスの大鍋に水を入れ沸騰させ、その中でシソの葉を煮る。

ステンレス鍋に、シソと2リットルの水を入れましたが、
しその量が多いので、ひたひたに水がかぶるくらいまで、500cc位水を足しました。

3、2~3分で火が通り、赤い葉の色が緑色に変わります。そうなったら、シソの葉を引き上げます。

4、3の中にクエン酸を入れます。すると、暗い紫だった煮汁が、パッとワインレッドに変わります
これがシソジュースを作る醍醐味ですね。

クエン酸は、入れすぎると酸っぱくて、取り返しがつかないので、まず大匙1杯入れ、味を見ながら、少しずつ足しました。お好みでお酢やレモンを入れます。

5、砂糖を入れて、煮溶かします。

作っている間中、シソのいい香りが漂って、いかにも体によさそうです。(^^)

シソには、抗酸化作用という、体のサビをとる作用があるそうですし、
肩こり・神経痛・腰痛を鎮める作用や、花粉症にも効果的と言われています。
でも、あまり実感はありません。
おいしいし、簡単なので、なんとなく毎年作っています。

水で薄めて、冷たくして飲みます。

先日、「カラスの撃退法」を教えてくださった、MOTO+さんが、「赤シソはプランターでも簡単にできる」と教えてくださったので、来年は作ってみようかと思います。

子供のころ、家庭菜園の端っこに雑草のように繁っていた赤シソを思い出します。
畑で太陽をいっぱいに浴びて育った元気なシソなら、なお一層元気なジュースができそうです。


スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お気に入り
今年は6月早々、関東も梅雨入りしましたが、この時期、濃緑の葉っぱにオレンジのビワの実がたわわに実っているのをよく見かけます。

自然療法の東城百合子先生によると、
http://www.binchoutan.com/toujou.html

ビワの葉には、アミグダリンが多量に含まれ、ガンにも効くそうです。
また、生葉を張ると、火傷や内臓の痛みを取り、神経痛、慢性病などにもいいとおっしゃいます。

そのほか、お茶として飲んだり、焼酎につけてビワ葉エキスにすると保存もきくので、いつでも使えて便利です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~biwa-ha/index.html

また、ビワの実を食べた後は、種を捨てないで、ぜひ取っておきましょう。
種はビワ葉以上にアミグダリンを多く含んでいて薬効もあるそうなので、焼酎に漬けてビワ種酒を作ります。

作り方は、ビワの生種;300gに対して、焼酎(ホワイトリカー35度)0.7リットルの割合で、種を半分に切りビンに入れ、焼酎に漬けるだけです。

1ヶ月位で茶色のエキスが出てきますが、1年以上寝かせてから飲んだ方がいいでしょう。おちょこ半杯を水で薄めて飲みます。そのまま傷などの外用薬にも使えます。

ビワはとても強い木で、食べた実の種を埋めておくだけで、芽が出てきますので、庭に1本植えておくと便利です。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お気に入り
今年は桜が長持ちしてくれたので、何度もお花見を楽しめました。

まだ寒さが続いていた3月中旬、お天気がよかったので、もうそろそろ咲き出したかな?と急に思い立って、夫と北小金にある東漸(とうぜん)寺の枝垂桜を見に行きました。

このお寺の境内には樹齢300年を超えるという立派な枝垂桜があり、普通の桜より開花が少し早いのです。

急だったけれど、せっかくのお花見だから、この日は途中のだんごやさんで「おいなりさん」を買いました。

我が家ではお花見に限らず、遠足のお弁当にはおいなりさんを作ることが多いです。
酢飯だから、いたみにくくて安心だし、おかずがなくても食べられる・・・

以前は、油揚げを炊くところから作っていましたが、今はとても手抜き!
市販の「いなりあげ」と、ご飯に「チラシずしの具」を混ぜたものをつめるだけ。
ただ、具の他に、いりゴマをたっぷり入れるのが私流かな?

「いなりあげ」は、生協のがお気に入りなので、セールの時にまとめ買いしておきます。

いろんな物を使ったけれど、味があまり濃くなくて、値段も大きさも適当、お昼にうどん、そばを作るときの具にも便利です。

今日はお花見ではないけれど、夫が友人たちとの「一品持ち寄りの会」に行くというので、朝から作って持っていきました。

昨日の夜急に言われましたが、これなら、ご飯さえ炊けば、すぐにできますものね!



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お気に入り
去年の牛肉偽装問題に続き、中国産冷凍ギョーザで名を落とした生協に、ずーっと入っています。
安全、安心をうたった生協なのに、とても残念な事件でしたが、やっぱり便利で、いい商品もたくさんあります。

そんな中で、私のお気に入りのひとつが、時々取り扱いのある「嬉野温泉の温泉水を使った湯豆腐」です。

紙箱に、仰々しく豆腐が一丁と温泉水が入っていて、この水で豆腐を煮ると、お豆腐がトロトロに溶けて、とてもおいしいのです。

お豆腐が溶けるのは温泉水のせいだということはわかるのですが、ちょっと不思議な食感で、なんともいえずおいしいのです。

ところが、NHKの「ためしてガッテン」で、か~んたんにこの温泉湯豆腐ができる、作り方をやっていたのです!

http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2008q1/20080220.html

温泉水じゃないと作れない!とばかり思っていた「温泉湯豆腐」が本当に簡単に作れました!

お豆腐が溶けるのは、この温泉がお肌にいい重曹泉だからだそうで、だから、湯豆腐に使う水に、重曹を入れればよいのです。重曹って、ほんとにえらい!

我が家では、小さな土鍋に昆布を敷いて、豆腐1丁、水はひたひた(500cc~1000cc)ねぎを半本ほど入れ、これに重曹小匙1杯入れて、煮てみました。

豆腐はもちろん生協の、国産有機大豆の木綿豆腐。
(信じているんだからね!) ちょっと硬めの豆腐です。

たれは、ゴマ味噌ダレ。

硬い豆腐もトロッと溶けて温かく、簡単で安上がり!
大満足のできでした。

来年は、冬の初めから、この温泉豆腐が活躍しそうです。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お気に入り
2月になり、日差しは春めいてきましたが、まだまだ寒い日が続いていますね。
先日、足袋(あしぶくろ)の記事を載せましたが、布や作り方の質問をいただきましたので、昨日作った足袋の写真を載せてみます。

asibukuro


これは、厚手木綿のネルのシーツで作りました。
シーツ1枚で、3足分できました。

サイズは、シーツの大きさに合わせて適当に作りましたが、これは約70×32センチでした。

これだと、この前に書いた寸法より一回り大きく、長さもたっぷりしてます。

布は、新しい生地をわざわざ買わなくても、ありあわせの冬物のボアのシーツなど、暖かくていいと思います。

真ん中の薄くなったものでも、両端のしっかりした部分を使えば十分です。

ヨガを始める前はとても冷え性だった私も、今では寒さ知らずになりましたが、足袋のおかげで足が温かく、気持ちよく眠れています。

| BLOG TOP |

copyright © はぴはぴ-yoga all rights reserved.Powered by FC2ブログ