FC2ブログ
DATE: CATEGORY:
3月になり春爛漫、うららかな春の陽射しがまぶしくなり、それとともに、花粉症の季節がやってきました。

数年前の冬、自転車に乗っていたら、突然鼻水がタラリ・・・と落ちました。
なんだろう?と思っていたら、夜中、パソコンの前で、クシャミと鼻水!

これが私の花粉症の始まりでした。
ヨガをやっているし、食べ物にも気をつけている。
私には無縁だと思っていたのに、花粉症と知ったときはショックでした。

最近やっと、花粉症を受け入れ 認めることができ、対処法もわかってきて、少し症状が楽になりました。

今年は2月が寒かったせいか、今まで症状もほとんどなくて済んだのですが、3月に入ってからの黄砂まじりの埃っぽさに、体が少々反応し始め、マスクが欠かせなくなりました。

そんな時、友人から小林正観さんの「宇宙を味方にする方程式」という本を借りました。

宇宙にあるさまざまな「天の法則」ともいうべき方程式が書いてあるのですが、
その第1章が「花粉症になる人の方程式」
思わず引き込まれました。

小林さんによると、花粉症になる人は、「完全主義者」なのだそうです。
私を含め、花粉症の人の多くは、こう決め付けられて、
「いや、私は完全主義者なんかではありません」と即答するでしょう?

でも、正観さんのおっしゃる完全主義者というのは、完全にできる人を言うのではなく、「完全に、完璧にやらなくてないけない!」と思い込んでいる人のことなのです。

「92点取れたのだからよくやったね」と思える人は、花粉症になりにくく、「92点しか取れなかった、あと8点足りない」と思う人が花粉症になりやすいそうです。

花粉症を治そうと思うなら、「いいかげんな人」になること、「いいかげん」というのは、「よいかげんで適当な人になること」なのだとか。

「う~ん、私もけっこう、いいかげんなんだけどな・・・」と思いましたが、その後の逸話を読んで納得しました。

正観さんの講演会に来ていた、20年来花粉症で悩まされていたという男性が、「自分は完全主義者だとは思ってないけれど、頑張ってきた感じはあるので、リラックスし力を抜いてみたところ、今年は例年の90%位の症状で済んだ」のだそうです。

その話を聞いて、会場の人たちが「よかったですね」と拍手をした。

すると、「来年の春が楽しみです。今度は100%押さえ込んでやろうと思っています!」と彼。
「それこそ、完全主義者ですよ(笑)」とみんなから指摘されて、
「ああ~!」と彼は叫んだそうです。

今まさに、私はその状態でした。
今年、今までに比べたら90%位の症状で済んで、「ああ、よかった!」と感謝しつつも、埃っぽい空気の中に花粉を感じると、
「もっと完全に花粉症をシャットアウトしたい、しなければ!」と思っていました。

私って、ぜんぜん完璧にできないのに、完全を求めていた完全主義者だったんだ!と思い知らされたものでした。

宇宙を味方にする方程式宇宙を味方にする方程式
(2006/02)
小林 正観

商品詳細を見る



スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
真南風のヨガ教室は午後1時から始まりますが、
ヨガをするには、食後すぐは避けたいので、
生徒さんには、この日の昼食はなるべく軽く、
早めに済ませてきていただきたいと思っています。

最近私は少し太り気味なのが気になっていたので、
この際、石原結實氏の提唱するプチ断食を
はじめてみようかな、と思います。

石原氏といえば「体を温めれば病気はなおる」という理論で有名ですが、氏の著書「40歳からの年をとらない生き方」によると、<食を少なくすることが、若さを保ち、長生きをする一番の秘訣>なんだそうです。

そして、体を冷えから守り、適度な運動で筋肉を鍛えれば免疫力が増し、病気にかかりにくくなる、ということです。

私のヨガの師も、「1日3食も食べると、内臓が疲れて8時間も寝なくてはいけなくなる」とおっしゃいます。
実際、私は長年2食だったのですが、
家族の食事を作っているうちに、いつの間にか自分も3食食べるようになってしまっていました。

そこで「水曜日のお昼はプチ断食の日」にしようと思うのですが、実はあんまり自信がありません。(^^ゞ




| BLOG TOP |

copyright © はぴはぴ-yoga all rights reserved.Powered by FC2ブログ