FC2ブログ
DATE: CATEGORY:未分類
夫の実家には、亡くなった義姉のダウン症の娘がいます。

体が小さいので、つい子供扱いをしてしまいますが、もう40を過ぎています。

夫の実家をこれからどうするかという時に、一番の問題は、この娘のことでした。

既に両親もなく、身寄りのない娘のことを、民生委員の方や、福祉関係の先生方が心配してくださったのですが、今は施設も満員とのことで、とりあえず私たちが親代わりとなり、引き取ることになりました。

突然、ダウン症の娘ができたのです!

でも、案外自然にそのことを受け入れることができました。

正観さんの本を読んでいて、下地ができていたのでしょうか・・・

とうとう私にも頼まれごとが来たか!って感じですね。

義兄からの頼まれごととは、実家の行く末とこの娘のことだと、ひしひしと感じましたから、私たち夫婦で、これを引き受けようと思いました。

お盆の行事を終え、家に少々手入れをして8月はあっという間に終わりました。

当分は、自宅と実家を行ったり来たりすることになります。
車でも電車でも片道2時間はかかるので、ちょっと大変ですが、セカンドハウスができたつもりで、楽しんでいきたいと思っています。


スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
体はバランスよく使いたいものですが、たいていの人は左右が不均衡ですね。
ヨガでも、左右のバランスをよくするためのアーサナがたくさんあります。

左右不均衡の原因として、まず心臓が左側にあって身体が左右均衡ではないこと、そして、右利き左利きがあって手足の使い方に差があること、などが考えられます。
特に利き手の違いは、体のバランスに大きく影響してきます。

生まれつき左利きの人は、子供のころに親に訓練されて両手が使える人が多いですね。

私は右利きなので、子供のころ 左利きの友人が、右手に鉛筆左手に消しゴムを持ち、書きながら消しているのを見て、うらやましくてマネをしたことがあります。

もちろん、そんなことはできなくて、でも左手を強化しようと、自分でトレーニングしたこともあります。
三日も続きませんでしたが・・・

右手は左脳に、左手は右脳につながっているといわれ、手を使うことで脳も活性化されるそうなので、子供のころ強制された人は、その時はかわいそうだったけれど、一生の宝物を親からもらったことにもなりますね。

さて、「大人の脳トレ」などでおなじみの任天堂DSから、「両利きエクササイズ」というソフトが発売されました。

私も、下のサイトから「両利きチェック」をしてきましたが、ぜんぜんダメ!
「眼ヂカラ」にも飽きてきたし、今度はコレで左手を鍛えて脳を活性化しようかしら・・・。


-------------------------------------------
【PR】
右手と左手を両方使って、脳バランスをアップ!



任天堂DS用ソフト。
利き手ではない手の動きを鍛えて『両利き』になり、
普段使っていない脳を活性化させましょう。
両利きのバランスを計るモードが収録されているので、
まずはご自分の両利きバランスをチェック!
5段階のミニゲームに挑戦し、両利きを目指して下さい!
-------------------------------------------

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
去年の暮れ、「ほしいものを書いていけば手に入れることができる」というワークショップに参加した、と ここに書きましたら、友人が「願いごと手帖の作り方」という本があることを教えてくれました。
http://www.izoomi-m.com/5-1.htm

「願いごと手帖」というのは、手帳に願い事をどんどん書いていくだけで願い事はかなう。だから運と幸せがどんどん集まってくる手帳を作りましょう!という、ももせいづみさんからの提案なのです。

う~ん、「宝の地図」と似ている。手帳に書くって、もっと気楽にできそう!

「あなたもやってみたら?」と、ほかの友人に声をかけたら、
その人が 「ツキを呼ぶ魔法の言葉」という本を貸してくれました。

まるで、夢を現実化するノウハウを、次々授かっているようなみごとな連鎖です。

50ページほどの小冊子なので、一気に読んでしまいました。
今、我が家ではこの「ツキを呼ぶ魔法の言葉」が大ブームです。

「ツキを呼ぶ魔法の言葉」とは、
・ 嫌なことがあったら、「ありがとう」
・ いいことがあったら、「感謝します」
・ いつも「ツイてる!」と言う

この3つの言葉を、いつも言う癖をつけるのだそうです。

言葉には魂が宿るという「言霊」という言葉もありますが、
言葉は生きていて、
創造をはるかに超える影響力を持ち、
自分の人生を作っている、
と著者の五日市剛さんは書いておられます。

五日市剛さんって、どんな人なんだろう?と、
また、ネットで調べてみました。
http://www.itsukaichi.jp/index.html

なんと、本屋さんにも置いてない本なのに、口コミで もう90万冊も売れ、講演会もあって、まるで江原啓之さんのような人気ぶりです。
私は知らなかったけれど、ずいぶん有名な人だったんですね。

とりあえず、我が家では「ツイてる?」と聞くのが挨拶代わり、「ありがとう」「感謝してます」と言い合って、平和です。(^^)



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今年はお天気もよく、穏やかなお正月でしたね。

若いころは、お正月といえば旅行に行くか実家で過ごしていたので、おせち料理を作ることも少なかったのですが、熟年世代になって、我が家のお正月も様変わりしました。

元日は、おせち料理を持って、夫の実家へ行き、近くの
香取神宮に初詣に行きました。
お正月に社殿に参拝し祝詞をあげてもらったのは、久しぶりのことです。
香取神宮
 

神主さんのお話では、今年は十二支の最初の子年。
子という字は、了(終わり)と一(始まり)の合わさった文字で、もつれた糸が元に戻り、新しく事が始まる年 なのだそうです。

よ~し、がんばるぞ!と、帰りに引いてみたおみくじ。

「小吉」でした。ぴかちゅ
何事も控えめに心静かに、「あせるな、人に任せれば吉」ですって・・・

3日は、子供たちが帰ってきて、もう一度お正月。
今年はみんなで 「宝の地図」を作りました。
ほしいものを、実際に書いてみるというのは難しいですが、楽しいですよ。

そんなこんなで、あっという間にお正月は終わってしまいましたが、今年も、よろしくお願いいたします。ハート


| BLOG TOP |

copyright © はぴはぴ-yoga all rights reserved.Powered by FC2ブログ